CSR活動 CSR

行動計画

板谷土建株式会社行動計画を策定致しました。

2018(平成30)年8月24日

板谷土建株式会社行動計画

 社員が子育てや介護と仕事を両立させることができる、働きやすい雇用環境を作ることによって、すべての社員がその能力を最大限に発揮でき、それに対し公平な評価ができるようにするため、次の行動計画を策定する。

  1. 計画期間 平成30年10月1日から平成32年3月31日まで(1年半)
  2. 内容
    1. 目標①

      未成年の障害児や介護認定を受けた親を持つ社員が希望する場合に利用することができるフレックスタイム制度、短時間勤務制度を導入する。

      <対策>
      平成30年度10月~社員のニーズの把握、検討開始
      平成31年度4月~制度の導入、社員への周知
    2. 目標②

      就業規則で有給休暇の時間帯での取得ができるよう明文化するとともに、有給休暇日数が足りない社員に対し、子供や親の看護等のための休暇を年6日以上取得できる制度を導入し、有給休暇を取得しやすくすることにより、平成31年度の有給休暇消化を前年度に対し社員平均120%以上となるよう目指す。

      <対策>
      平成30年度10月~社員のニーズの把握、検討開始
      平成31年度4月~制度の導入、社員への周知
    3. 目標③

      男女間差や育児・介護休業、短時間勤務を利用しても公正な評価ができる人事評価制度を導入する。

      <対策>
      平成30年度10月~現状分析
      平成31年度1月~新評価制度の検討開始
      平成30年度10月~新評価制度の開始、社員への周知
      平成31年度4月~運用後の改善点の検討

以 上

札幌市ワーク・ライフ・バランスplusステップⅡを取得しました。

札幌市ワーク・ライフ・バランスplusステップⅡを取得しました。

ISO基本方針

品質環境方針

当社の経営理念である「報恩の念」を持って品質管理技術を駆使し、顧客ニーズを満足させる建設生産物を構築する。

品質環境マネジメントシステムの運用効果を確認し、継続的な改善に努め、地域社会から必要とされる会社として、永続的な繁栄を目指し、環境に優しい取組みと地域の皆様との共存共栄を図る。

そのため、当社は、法規制且つその他の要求事項を順守し、以下の汚染(環境影響)の予防及び軽減並びに環境保護に努めます。

  1. (1)建設事業に伴う騒音・振動・粉塵の発生、並びに水質汚染、大気汚染及び土壌汚染の予防及び軽減
  2. (2)使用エネルギー及びエネルギー資源の削減、効率化によるCO2排出量の低減
  3. (3)再生資源を含む廃棄物の減量化及び適正な処理による環境負荷の軽減及び汚染の予防
  4. (4)生物多様性及び生態系の保護

2018 年 12 月 20 日
板 谷 土 建 株 式 会 社
代表取締役 坂本 克範